就活の面接を控えている段階でも注意深く過ごさないといけない

就活の面接では、面接を迎える前に控室のような場所にいて、そこで面接の時間まで過ごすということがあると思います。

特に就活の場合にはその控室の中に複数人の就活生が居合わせるということになるケースが多く、そこで他の就活生と軽く談笑したりする人もいるのではないでしょうか?

そういったシーンはよくあると思うのですが、実はそういうときの過ごし方がその面接の合否にかかわるということがあります。

したがって、面接本番じゃなくても、その前の段階でも中位をして過ごさないといけないのです。

面接そのもののときには注意深く振舞うはずですが、その前の控室でも同様の意識が必要になります。それはどうしてか?というと、たまに会社の人が控室に潜入していて、就活生の行動を監視しているというケースがあるのです。

そういった可能性があるので、面接本番でなくても、そこでの振舞い方はきちんとしておかないと、評価につながってしまいます。

だから、企業のオフィスに入った段階で、チェックされていると思いながら動いた方が良いです。

見られていないと思っている心の油断に企業は付け入ってくるのです。やはり面接そのものは誰もが演技しているというのは企業は分かっていますから、どうしても素の姿を見たいと思う会社もあるでしょう。

素の姿を見たいと思ったときに、素の姿が出やすいところを狙って、会社の人間を配置させていくことくらいは容易にできます。

したがって、他の就活生を装って会社の人間が面接の控室に実はいるという可能性は頭の中に入れておいた方が良いということになります。

これは面接前の控室の段階のみではなく、いろいろなケースで同様のことが考えられるのでそこも注意です。

例えば、企業が就活生のSNSを見たりしているということも言われていますが、普段の素の姿を確認するためという目的があると思いますが、これもやり方が違うだけでさっきと同じことなのです。

いろいろな方法で企業は就活生の普段の素の姿を見ようとしてきますから、普段の過ごし方というのも気を付けていかないと、知らない間に自分の評価が下がっている可能性もあるのです。

面接前の控室の段階というのは代表的ですが、SNSなども書き込む内容を気をつけたり、他の場面でも振舞い方を注意したりしていった方が良いと思います。

現代の就職活動は、就活生が疑心暗鬼になるくらいに企業の監視の目というのは鋭くなっているということを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です