就活に相応しい男性の服装とは

就活に相応しい男性の服装は、「スーツ」「ネクタイ」「ワイシャツ」というのがベースとなります。

では、以下で詳しく見て行きます。まず、スーツについて。

これは、いわゆる「リクルートスーツ」を選べば間違いありません。

専門店ではよくフェアをやっており、安価な物も売られていますが、あまり安い物は選ばないほうがよいでしょう。

しかし、高すぎる物も避けるべきです。スーツのグレードと釣り合わない感じになり、逆にマイナスになることもあるからです。

いちばん安い物よりはワンランク上の物を、2着買うのがおすすめです。「黒」「ネイビー」「グレー」などで、無地の物にしましょう。

次に、ネクタイについて。無難なのは、ストライプや地味めなドット柄です。

ただし、注意してほしいのは「色」です。

ストライプであれば、明るめのシルバーなどは避け、ネイビーなどの落ち着いた色の物にしましょう。

また、「自分に合った色かどうか」ということも重要です。

「意欲をアピールする色は、赤」などとよくいわれますが、冷静沈着なタイプの人だと、却って違和感が出てしまいます。

また、ハキハキしたタイプの人が落ち着いた色のネクタイをしている場合も同様です。

そして、ワイシャツについて。

基本的には、「白」で「無地」であればOKです。

襟は、ボタンダウンなどは避け、ノーマルな物にしておきましょう。

袖は、カフスがない物で。

いちばん注意しなければならないのは、「サイズ」です。

理想をいうと、オーダーメイドにすべきなのですが、既製品を選ぶ場合は、「首周り」と「袖丈」が重要です。

首周りが緩いとだらしなく見えてしまいますし、きついと苦しそうに見えてしまいます。

袖丈も、短いとツンツルテンになってしまいますし、長いと借り物のように見えてしまいます。

「茎状突起(手首の骨の出っ張った所)」が隠れるくらいの長さがベストです。最後に、小物について。

靴は、「黒」もしくは「こげ茶」がおすすめです。基本は紐付きの物にすべきですが、大人しめのデザインなら、なくてもOKです。

ただし、ローファーなどはやめておきましょう。靴下は、無地の「黒」か「ネイビー」で。

「白の靴下」はスーツに合いませんし、「アンクルソックス」はカジュアルな感じになってしまうので、避けましょう。

そして、意外と選ぶのが難しいのが、「腕時計」です。

特にこれといった決まりはないのですが、「Gショック」などは浮いてしまうので、シンプルなアナログの物が無難です。

就活は何から始めればいい?

就活でも転職でも自己分析が大事です。

就活や転職において、応募書類の作成や面接の対策に時間をかける人は大勢いても、案外軽視されてしまう重要なことがあります。それは「自己分析」です。

自己分析がしっかりなされていないと、自分が応募先企業へアピールすべきことがブレてしまうため、強みも伝わりません。応募書類を作成するにしろ、面接を行なうにしろ、結局のところはこの自己分析が土台となり、基礎となるため、しっかり時間をとって自分を見つめなおすようにしましょう。

しかし、一概に自己分析といっても、何をしたらよいのかわからない方もいらっしゃることでしょう。ここでは5つの質問を通し、自分のアピールポイントを整理していくことにしましょう。

まず1つ目ですが、「あなたはこれまでどんなことをしてきましたか?」です。就活の方は大学生活に限定してもいいですし、これまでの人生全般でもかまいません。転職の方は、それまでの仕事においてのキャリアを中心に考えてみましょう。

次に2つ目ですが、「それは数字で表せますか?」です。

1つ目の質問に対し、その経験や成果を具体的に数字で表すことができないか考えてみましょう。数字は比較対象となるものがあるとなお良く、採用担当者にもわかりやすくなります。

次に3つ目ですが、「希望する企業の人材ニーズにマッチする経験はありますか?」です。先の2つの質問を整理し、企業側が求める人材と自分をクロスさせ、どこが重なる部分なのかを考えてみましょう。

次に4つ目ですが、「5年先、10年先どうなっていたいですか?」です。その応募先企業に入社することで、5年先、10年先の自分が、目標としていることをはたして本当に叶えられているのか、その可能性を探っていきましょう。そして、どんな点が自分には備わっているからそれが可能なのか整理しましょう。

一方、何が今現在なくて、それを補える要素が会社や自分の力に本当にあるのかどうか調べてみましょう。

最後に5つ目ですが、「あなたの強みや弱みはなんですか?」です。これまで挙げた4つの質問の答えをまとめたとき、強みと弱みが浮き彫りになってくることでしょう。

もし、自分でよくわからなければ、家族や友人、同僚などに聞いてみるのもよいでしょう。自分で強みだと思っていたことが他人にとっては弱みだと感じている場合もあり、その逆もおおいにありえるからです。

こうした作業は地味であり、地道なことですが、後々の採用試験において必ず役に立つことなので、しっかり時間をとって見つめなおしてください。

転職の面接はとことん話し合う事

転職はこれからの時代においては当然ですが大変重要なファクターとなるのです。

普段から自分の仕事を愉しんで行っていく事で最適な人生を自分で愉しんで送っていく事ができます。素敵な仕事やスキルを発揮してでの効果的な仕事のすすめ方は長い人生の中でも大変重要な生き方となります。

普段から転職を視野に入れて自分のライフスタイルを構築する事を考える方も多いのではないのでしょうか。転職は当然ですが、それまでの経験やスキルを発揮して新たな自分の活躍の場所を見つける事です。

このような点を十分に考えないままで闇雲に転職活動をする事は避ける方が賢明な場合もあるのです。普段から転職をする中で先方の会社の担当者と面接をするような事も大変多くなってくると思います。

新卒の時よりも突っ込んだ面接をされるような場合も大変多いのでお互いに後悔と失敗の少ないような面接を徹底的に行っていく事も重要な事となるのです。

会社の組織構成かた退職金積立まで、様々な観点から自分の生活をサポートする要因をしっかりとケアをしてくれる会社かどうかは自分自身で確認をしながら転職活動を行っていかなければなりません。

素敵な仕事は安心して働いていける会社で働く事が重要な事となるのです。

普段から最適な仕事をするには自分の現在までのスキルや行ってきた事を包み隠さずに伝える事でより高い安心感を相手に与える事となるのです。

今後は益々プロフェッショナル志向が転職市場では求められる事となるのです。このような中でお互いにとことん面接の時に話し込んでいく事で素敵な人生を送っていく事ができます。

素敵な人生の中で働いて収入を得る事は大変重要な意味を持つのです。転職は回数が多くなればそれだけディスアドバンテージとなるような場合もありえます。

自分が入社してから実はそうではなかったと思うような事の少ないような働き方をしていく事が大変重要な事となるのです。

素敵な働き方をしていくには普段からこのような方法で素敵な自分でいる事が重要な事となるのです。転職をする事で大変素敵なキャリアを詰めるかどうかは実はこのような面接の段階から既に始まっているのです。

素敵な仕事をする事で多くの方から感謝される人間となる事でその人の人生の成功の度合いは大変大きく変化していきます。

自分らしい人生を愉しんでいくにはこのような観点から自分の転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。相思相愛関係を構築する事が重要な事となるのです。